青い森のトラフィックストリート

杜の都 仙台 から発信する、公共交通バス情報をお送りします(^o^)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark

高速バス「うみねこ号」

八戸(ラピアBT)〜仙台駅前を結ぶ「うみねこ号」です。



八戸〜仙台間を4時間15分で結ぶ「うみねこ号」は、南部バス・十和田観光電鉄・宮城交通・JRバス東北の共同運行をしています。
東北新幹線があるために本数は8便と少なめですが、他には劣らないバスで対抗しています。
南部バスは新ガーラを専用として走らせています。
仙台に乗り入れる高速バスで、新セレガ・新ガーラを使うところは少なく、南部バスの新ガーラは目立っていました。



一方、十和田観光電鉄は旧ガーラHDで走らせています。
十鉄にしては、ブルースター号に次ぐいいバスで走らせていますが、ブルーシティ号はスパクルSHDが入ることもありますので、ちょっと気が引けます。
南部バス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

4月からの南部バス

南部バスも4月1日から、新しいダイヤになります。



八戸市営バスからの路線を移管してきた南部バス路線は、既存を踏まえての新路線が出来ます。岬台団地〜ピアドゥ・ラピア線が走ります。中心街からも買物路線がありますが、岬台団地からの直通の路線は活気的だと思います。マイカーの時代で、ピアドゥ・ラピア付近は大混雑ですが、少しでもバスの利用で環境にもやさしくしようという思いがわかります。八戸営業所のCJMの台数の減りつつありますが、八戸市営・南部バスは市民の足の為に、必死に変えようとしています。ちょっとずつですが、いいものになっていると思います。来年度の八戸のバスに注目です。
南部バス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

赤VS青銀対決



岩手県交通もいるなら、南部バスにもいます!京浜急行から来たCJM470です。
側面表示が出口付近についていることから、京浜急行では前乗りだったのでしょうか。
八戸営業所にはまだ10台弱のバスが今も走っています。

赤VS青銀対決でしたが、どちらも特徴がありすぎてわかりませんが、
1日でも長く、走り続けてほしいと思います。
南部バス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

赤VS青銀対決



青銀カラーの岩手県交通に対し、赤カラーといえば南部バスです。
こちらは京浜急行からの移籍車で、八戸市内を現役で走る最古参車です。
八戸・三戸・五戸でも活躍しています。
八戸営業所へ向かう途中に、急な坂があるんですが、
エンジン音を響かせながら走るバスに、改めて惚れてしまいました。
南部バス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

八戸の同型車



全国の公営バスは、路線赤字路線のなどを受けて民間バスへ移譲するケースがあります。
八戸も一部路線を南部バスへ引継ぎ、これに伴い何台か市営バスが南部バスとして
走っています。
八戸営業所にも市営バスの大杉平営業所から譲渡したバスがいます。
塗装は新カラーですが、車内は市営バスのままです。
いくら塗装を変えても、外見からねんきが入っている感じを受けます。
市営カラーのLVとのコラボを見てみたいです。
南部バス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark