青い森のトラフィックストリート

杜の都 仙台 から発信する、公共交通バス情報をお送りします(^o^)
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark

函館バス ノンステップ(日野HR)

今年も数台の中型の新車をノンステップで導入しています。



高盛町の函館営業所に配属されたのは、日野HR9mノンステップです。
函館バスはレインボーがあまり見られなかったのですが、ノンステップが入ってから
3台目の導入となります。
函館営業所のHRはなぜが、中距離路線の運用に充てることもあり、4席シートが並んでいます。
今年入ったHRも、大沼公園経由鹿部(出張所)行きを出しています。
2時間の路線をHRで走るんですから、運転手さんも大変ですね。
函館バス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

函館バスのハイブリッド車

函館バスにもハイブリッドバスが走っています。



以前、日吉営業所所属のハイブリッド車を紹介しましたが、
今回は同時期に入った、函館営業所所属のハイブリッド車です。
白1色でハイブリッドのシールが貼ってある、シンプルなデザインですが、
このカラーは、北海道各地で走っているようです。
撮影した日は、96系統 函館駅前⇔函館空港線に入っていましたが、
昨年はなぜか、昼間の函館山線に入っていたこともあり、市内でよく見かける1台です。
函館バス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

函館市電のノンステップ車

北海道は豪雪地帯でありながら除雪管理が完璧なために、ノンステップが増えています。



函館の湯の川〜谷地頭・函館どっく前を結ぶ、函館市電にもノンステップが登場しました。
以前は部分低床ということで、乗車口のみがノンステップの8000番台の電車が1両走っていましたが、
ついに全面フラットのノンステップが2両編成で登場しました。
大型モニターが運転席後ろにあったりしますが、車内放送を聞くと昔からの放送が流れていました。
1日に何往復するかわかりませんが、函館の人にやさしい車両化が進んでいるのに、
また魅力を感じています。
函館バス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

函館バスの人気路線



函館に来たら、ほとんどの人が訪れるのは函館山じゃないでしょうか。
函館営業所所属のMPは、市営バスの車両をLEDに変更して走っています。
やはり夕刻から函館駅前に長蛇の列が並び、函館山へ向かっていきます。
途中、明治館や十字街と経由して函館山を登って行きます。
市営バスの車両には、ガイド席が設けていて、ガイドさんが案内をしてくれます。
また、夜景のいいポイントがあれば、バスが止まって夜景に浸れるサービスもあります。
おすすめは、夕方の空に雲がない、又は若干あるくらいの方が最高でしょう。
函館バス | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

函館バスの循環バス



函館駅前などで緑一色のバスが走っているのを見かけると思いますが、
小型バスで観光地や住宅地を循環するバスがLCSA(レクサ)といいます。
五稜郭から白鳥町・五稜郭駅前を経由し函館病院を結ぶLCSA100。
五稜郭から的場町・人見町・柏木町を経由するLCSA五稜郭。
函館駅前から明治館・西波止場・元町を経由するLCSA元町。
どちらの路線も乗車率が高く、函館の街に溶け込んでいます。
函館営業所所属のリエッセやレインボーRRは、女性の運転手さんが運転するケースが多いです。
函館バス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark