青い森のトラフィックストリート

杜の都 仙台 から発信する、公共交通バス情報をお送りします(^o^)
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark

思い出の岩手のバス

岩手県交通にいたバスでもっとも有名なバスはこれしかないでしょう!



私が初めてBU04を見たのは、滝沢村役場に止まっていたのが最初です。このバスがこんなに有名とは知らなかったんです。気付いた時には、県南地区にしか残っていなく、核営業所を回って撮影しました。JRバスが遠野営業所から撤退した時、遠野〜住田〜陸前高田線を走ったのが、一関営業所から来たBU04の774号車でした。仕事中も間近で見られることにはとても幸せでした。エンジンのトラブルで長くは走らなかったですが、今でも目に焼きついています。実際、乗れなかったのはとても悔しいです。廃車体は胆江営業所に変わり果てた姿でいますが、県交通の思い出の1ページでした。
岩手県交通 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

思い出の岩手のバス

釜石営業所を代表とするバスがいます。



ガーラHDがけせんライナーで釜石営業所に入りました。今は新路線の遠野・釜石号の続行便として活躍するようです。北東北を出発し関東方面へ行く高速夜行バスはHDタイプが多くなってきましたが、実際、窮屈な感じを受けます。このバスもそうですが、釜石営業所を出発し、大船渡・陸前高田・気仙沼を経由して一関から高速に乗るわけですから、1番下道を通る時間が長い路線ですし、乗車率も高いですから、もう少し運用するバスを考えてほしいですね。でも釜石営業所は新ガーラも入り、県交通の中でもトップクラスのバスが揃いました。注目です!
岩手県交通 | permalink | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark

思い出の岩手のバス

沿岸地区の高速格下げバスが集まる大船渡営業所も変わりつつあります。



大船渡仙台線・特急大船渡一関線・急行大船渡盛岡線などの路線をもつ大船渡営業所。高速車が多く存在する中、ライトが縦2つタイプのハイデッカーがほとんどでしたが、最近ではスパクルやSHDが占めて存在が薄れてきています。仕事で陸前高田方面へ走る時、特急バスが来る旅にぜいたくな路線だなぁと見ていますが、一般路線でも入るので運用方法に疑問ばっかりでした。このバスも数台しかなく、こっちにいるうちに乗っておきたいと思います。
岩手県交通 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

思い出の岩手のバス

一関営業所にはさまざまなバスがいました。



岩手県南の一関営業所には、弁慶号やBU04が最近まで活躍していた営業所です。あんまり行く機会がなかったんですが、国際興業からの中古車が増えて来ているので、新しい一関営業所がみれそうです。冬場は夏油スキー場のシャトルバスが運行されていましたが、このCSAも走って、運行終了と共に廃車になってしまいました。ハイデッカーの数が少なくなっていますが、1台でも長く走ってほしいものです。
岩手県交通 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

思い出の岩手のバス

国際興業からの中古車は、すばらしいです。



岩手に住んで、県交通の各営業所にお邪魔させて写真を撮らせて頂くことをしていて、どの営業所にいるのがCLM・CJMでした。最初はなんで古いバスがまだいるんだ、ということしか考えていませんでした。しかし時間が経つにつれてモノコック車の凄さに感動し、県交通ファンでの乗車会がとても良かったり、今まで乗る機会がなかったのは残念でした。実際、陸前高田で高田BT所属のCLM765号車を見ていて、1日でも長く走っていてほしいと思って、エンジン音に聞き入っていましたが、廃車になった今は、その日を懐かしく振り返っています。
岩手県交通 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark